スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高杉・万斉モデルバージョンアップしました

10-21,2012

ダウンロード先が前と変わりましたので、ご注意ください。

右上の「モデルのダウンロード」からお願いします。


10/24追記:
高杉モデルの着物の名前にミスがありましたので、配布データを差し替えました。
(蝶と華の名前を間違えました><すみません!)
モデル自体の修正はありませんので、バージョンはそのままにしてあります。
前のデータを使っても問題ありません。よろしくお願いします;;


----------------------------------------------------------------

英語と中国語のreadmeを付けるにあたりモデルを少し修正しました。


高杉モデルは、
手のモデリング修正
煙管が短かったので、若干長くしました。
刀と煙管にボーンを追加(左手に煙管のモーフを入れました)
刀と煙管は移動ができるので少しは扱いやすくなったと思います。


万斉モデルは
手のモデリング修正
首のウェイト修正です。


両モデル、気になっていた手をやっと修正。
画像見るとと指太いですね。。。。(汗)
細くしました^^;万斉も同じです。
(画像は左が修正前、右が修正後です)

1021_1


あとオマケで高杉モデルに羽織を着せました。

1021_2
こちらのモデルも入っています。

これで冬は暖かく過ごせるはず!(笑)


この度は海外用readmeで、Liddy様とつだしげ様のブログの文章を
使わせていただきました。ありがとうございました^^


----------------------------------------------------------------
拍手とコメント...そしてあたたかいお言葉までv ありがとうございます!^^


スポンサーサイト

PMXの4点ウェイト・3点ウェイトについて

10-02,2012

今日は珍しく技術的?な話を書きます(笑)
モデル作った事のある方、改造したことある方でないと
ちょっとわかりずらい話です^^
しかも自己流なので、使い方があっているかどうかわかりませんが(汗)

------------------------------------------------------------------
ウェイトについては説明ざっくりと
(ウェイトは知っているよ!...という方は飛ばしてください)

私はウェイト付けは全てPMDEditorで付けてます。
ウェイトとはボーンを動かした時にそれに合わせて
素体を動かすための設定です。

ウェイトの数値は
100→全て設定したボーンに合わせて動く
50→半分だけボーンに合わせて動く
0→動きません
(※もっと細かく設定できます)

例えばモデルの肘の間接部分は「右腕」と「右ひじ」のボーンが
繋がっています。
...なので間接部分は「右腕」と「右ひじ」のウェイト設定が必要です。
ウェイトは合計100にならないといけないので
肘を綺麗に曲げられることを確認しながら
バランスよく「右腕」と「右ひじ」にウェイトを振り分けていきます。
バランスがよくないと、肘が破綻したり変な形になってしまうので
注意が必要です。
万斉の腕はこんな感じです。
(画像はクリックすると大きいサイズを見れます)

腕画像

ウェイトは頂点と呼ばれる場所に付けていくので、頂点数が多いと
細かく設定できます。
赤いボーンが選択されているボーンです。
色が付いている頂点が選択されているボーンのウェイト、
点の赤色は100で青色に近くなるほど0になっていきます。

(長くなりそうなので、ウェイトの説明はここまで^^;)

PMDモデルは1頂点につき2ヶ所のボーン設定、
PMXモデルは1頂点につき4ヶ所のボーン設定ができます。
高杉モデルは4点ウェイトを使いたかったのでPMXです^^


------------------------------------------------------------------
ここからが、PMXの4点ウェイトの設定方法(自己流)

まずウェイト描画を表示したら、描画モードのW4を押してください。
写真のようになります。
設定したいボーンのひとつを選んで、
もしBDEF2にチェックが入っている場合は外してください。
BDEF2は2点ウェイト、BDEF4は4点ウェイトです。

ウェイト描画05

次にウェイト設定したいボーンを
(例)「左足」「右足」「左ひざ」「右ひざ」を選んで設定。
選択したボーンが左上に表示されています。(画像では「左足」のボーンを選択してる。)

ウェイト描画01

最初はとりあえず、50というボタンを押して25ずつに振り分けて
頂点を塗ってみます。
すると「左足」「右足」「左ひざ」「右ひざ」のボーンに25ずつ
設定されます。

ウェイト描画02

あとはポーズの確認をしながら、左足のウェイトを10多くしたい場合は
右ひざのウェイト10少なくするなど、
必ず合計100になるように設定して塗ります。

ウェイト描画03

これで1頂点のウェイト設定は終わりです。
1ヶ所のボーンを選択して、BDEF4で設定すれば
他の3ヶ所のボーンを選択しての設定は必要ありません。

合計がおかしいと頂点の動きがおかしくなるので、
1点1点確認しながら、設定をしてください。
計算機を片手に持ちながらなので頭が混乱するかもしれませんが^^;


そして3点ウェイトの設定方法(これも自己流)

使い方は4点ウェイトと一緒です。
ただボーン設定の時に(例)「左足」「左足」「左ひざ」「右ひざ」と
ひとつのボーンだけ、2ヶ所設定します。
設定数値は(例)「左足」20「左足」20と半分に割った数字で入力。

ウェイト描画04

たまにうまく設定できない事があるので
その時は一度選択頂点のウェイトを初期化して再度設定してください。

あと4点ウェイトは鏡像ウェイトのコピーができないので
左右両方の設定が必要です。手間がかかります><
使う時は最後の仕上げで最小限の場所だけに使う方がいいと思います。

...もっと効率のよい方法があるかもしれませんが、私の使い方はこんな感じです^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。